頭皮の脂は薄毛の原因になる?

髪の毛を気にする男性

ネットを調べてみると、頭皮の脂の影響で薄毛になるという情報を目にすることがありますが、これは本当なのでしょうか?

確かに、頭皮が脂でべたべただと、何となく良くないような気がしてしまいますよね。
顔が脂でテカっていたら、あまりいい印象を持たないのと同じかもしれません。

医学的な観点から見ると、頭皮の脂が薄毛の原因になるという意見は支持されていないようなんですね。

というよりは、いくつかの実験はされているのですが、明確な結論づけができるほど議論が活発ではないような印象です。

これは個人的な意見になってしまいますが、何事もそうですが『適度』がいいのではないかと。

脂が多すぎてはべたべたして不快ですし、日光の紫外線が当たることで過酸化脂質ができる可能性が指摘されています。
いわゆる酸化物質ですね。

逆に脂が少なすぎても、今度は頭皮が乾燥してカサカサになってしまいます。

適度な脂が、やはりいいのではないかなと思います。

何事もやり過ぎは良くないですし、かといって全く何もやらないのも良くない。
これと同じなのかなと感じます。

ところで、脂漏性皮膚炎という病気も存在します。
脂漏性皮膚炎は、頭皮の脂が多い箇所に発生しやすいです。
この病気が原因で脱毛することもあります。

また、たちの悪いことに、頭皮に存在するマラセチアというカビが深く関わっていることが知られています。
ちょっと気持ち悪いですね。

脂漏性皮膚炎の場合は、専門の治療が必要になるので、病院で適切な診察を受けるようにしましょう。

このように、頭皮の脂が多すぎるとトラブルになりやすいという一面もあるため、頭皮を健康な状態に保つことは脱毛予防にもなるといえます。

適度なシャンプー、適度な食生活、適度な睡眠。
過度になりすぎず、過少になりすぎず、いいあんばいを保つのがいいのかもしれませんね。