決していいとは言い難いですが、濡れた髪は物理的刺激にとても弱く痛みやすい状態なので、しっかりとドライをすることが大切です。ただし、乾かしすぎには要注意です。

Posted in: 毛髪について