男性型脱毛症(AGA)になる無視できない2つの原因

薄毛の中年男性と犬

もしかすると、あなたは、

「どうして俺が薄毛にならなきゃいけないんだろう」

と思うことがあるかもしれませんね。

「周りはみんなふさふさなのに・・・」

と、現在の境遇を嘆くこともあるかもしれません。

男性型脱毛症(AGA)になる原因としては、主に2つ考えられます。

1つは遺伝、もう1つはホルモンです。

実際に、薄毛の多い家系では薄毛になりやすく、薄毛の少ない家系では薄毛になりにくいということがわかっています。

必ずそうなるわけではありませんが、父親や祖父の髪の毛が寂しい場合は、高い確率であなたの髪の毛も寂しいことになることが考えられるんですね。

といっても、遺伝だけで全てが決まるわけではないので、日々の頭皮ケアが大切になってくるわけです。

遺伝の他に考えられる原因がホルモンです。

男性ホルモンには、男らしい体を作ったり、性欲を高めたり、論理的思考や決断力を形作ったり、さまざまな働きがあります。

この男性ホルモンが多いから、いわゆる『男らしさ』が形成されていくわけなんですね。

しかし、この男性ホルモン、残念ながらAGAにも大きく関係しています。

そもそも、髪の毛が抜け落ちて薄毛が進行するメカニズムに、男性ホルモンのテストステロンが関係しているといわれています。

では、テストステロンが多いと薄毛になるのかというと、そういうわけでもありません。
血気盛んな若い男性はテストステロンが多いわけですが、薄毛の人はほとんどいないですよね。

確かにテストステロンの量が多ければ薄毛になりやすいといえばなりやすいのですが、テストステロン単体で悪さをするわけではないんですね。

ここで問題になるのが、5α還元酵素(5αリダクターゼ)と呼ばれる物質です。

この5α還元酵素、Ⅰ型とⅡ型があるのですが、Ⅱ型の5α還元酵素とテストステロンが結びついて、DHT(ジハイドロテストステロン)という強烈なホルモンを生成します。

このDHTが薄毛を引き起こすと考えられています。

若い人がテストステロンが多くても薄毛にならないのは、5α還元酵素が少ないと思われるわけですね。

ところで、AGAの正式名称は『Androgenetic alopecia』といいます。

Androが男性ホルモン、geneticが遺伝、alopeciaが脱毛という意味です。

日本語にすると、『男性ホルモンと遺伝による脱毛症』となります。はからずも、脱毛の原因が名称を紐解くだけでわかるわけですね。

それだけ、男性ホルモンと遺伝の要因が大きいことを示しているといえるでしょう。